日智商工会議所会頭就任挨拶

2022年度の日智商工会議所会頭を務めさせて頂くことになりました、智利三菱商事会社の堤 儀秀(つつみ のりひで)と申します。微力ながら以下の4点を進めて参りたいと考えており、皆さまのご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

  ①「広報活動や安全にかかわる情報提供の推進と、情報/意見交換の推進」

  ②「各種イベント/文化活動を通じた会員間の親睦推進」

  ③「ビジネス環境整備などを通じた会員の企業活動や生活環境の改善の推進」

      ④「日智間の更なる友好関係の維持/発展に貢献する。」

特にチリにとって2022年は、左派であるボリッチ新政権が発足すると共に、2019年10月の社会争乱を端緒とする新憲法改正に係る国民投票も実施されるなどチリの将来に対する不透明さが増している状況です。よって先ずは会員の皆様にとって有益な情報を月例会・会報等を通じて発信させて頂き、それに基づいた情報や意見交換の場として本会議所をご活用頂けるよう工夫して参る所存です。

また、一昨年来のコロナ禍の影響により、会員の皆様におかれましては多大なるご苦労・ご不便を余儀なくされてきたと思います。足元ではやや終息の兆しも見えますが、未だ油断はできません。当会議所の活動においても大変残念ながら昨年度まではほぼ全ての恒例イベントが中止となってしまいました。今年度こそは運動会、年末親睦会等の行事を安全第一ながらも可能な範囲で再開し、「ご家族を含めた会員間の懇親」を少しでも図れるように努力して参る所存です。

そして会員の皆様の中には本会議所にある7つの委員会の委員を務めて頂いている方々が多数おり、まずは御礼申し上げます。理事や委員各位の皆様と共に、これまで同様に透明性のある当会議所の運営をモットーとし、会員の皆様が公私問わず抱える共通の課題や問題について対応して参りたく、ぜひ皆様からのご意見/ご助言を賜りますようお願い申し上げます。

2023年3月末までの1年間、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 堤 儀秀